ロックダウン前に備えるもの(備蓄するもの)リスト一覧|食料品等々

社会

東京封鎖の可能性が注目される中、ロックダウンする前に備えるものを農林水産省の「緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイドリスト」をベースにその他必要と思えるものを含めて本記事にて記載。

スポンサーリンク

ロックダウン前に備えるもの(備蓄するもの)リスト 食料品関係

1人当たり飲料水としては1日1リットルの水が必要とされています。

これに加えて農林省では、ライフライン(電気、ガス、水道)が停止する場合を想定し、調理等に使用する水を含めると、1人当たり1日3リットル程度あれば安心とされています。

これの3日~1週間分の用意をおすすめします。

つまり1人当たり1週間分21リットルを用意するために、2Lの水ボトルならば、最低11本の確保はしておきたい所

食べ物

お米

農林水産省では、お米2kgで約27食分になるとされています。

また、レトルトご飯の場合、1人当たり1食分1パックと計算して1週間分の7パックを用意したいところ。

他には、非常食としておにぎりを作れるようにお米以外にも

  • 海苔(のり)
  • おかず(昆布や梅など)

を準備しておくのもおすすめです。

缶詰

調理することなくすぐに食べられる缶詰がおすすめ。

缶詰には、魚系、フルーツ系等があります。

缶詰を開けるための缶切りの用意もお忘れなく。

パン

食パンを始め、市販のパンの他、ホームベーカリーを持っている人は、バター、牛乳、塩、砂糖、強力粉、インスタントドライイースト等といった手作りパン用の材料を用意するのもあり。

ちなみに、フランスパンなど水分の少ない方がカビの発生等が遅いとされています。

料理に使用できる材料

  • 卵(卵焼きや目玉焼き等にも活用できる)
  • 麺類(そば、うどん、そうめん、ラーメン、パスタ等)
  • お餅
  • 小麦粉(水(湯)とこねて茹でるとすいとんができる)
  • 野菜(キャベツ、ほうれん草、ねぎ、レタス、ブロッコリー、ニンジン等)
  • 調味料(砂糖、塩、醤油、ソース、酢、マヨネーズ、ケチャップ、コショウ等)の中で1~2週間以内に不足しそうなもの

果物

バナナ、リンゴ、みかん等

おやつ関連

スナック菓子、チョコレート、クッキー、和菓子、アイスクリーム等から自分や家族の好みのもの。

その他あると便利な食品

  • カップ麺、即席麺
  • レトルト食品(レトルトカレー、丼ぶりもの等)
  • 冷凍食品(冷凍のチャーハン、餃子、パスタ、コロッケ等)

カセットコンロ

ライフラインが停止した時の事を考えると、食品を温めたり簡単な調理に必須となるカセットコンロは用意しておいた方がいいです。

また、ボンベの用意もお忘れなく。

ボンベ6本程度あれば1週間はもつとされています。

スポンサーリンク

ロックダウン前に備えるもの(備蓄するもの)リスト 日用品関係

  • 歯磨き粉
  • 日頃よく使用する薬
  • ペットフード

等々、あなたや同居人にとって生活にかかせない必需品の確認は必須です。

スポンサーリンク

【必見】緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド

今回のリスト作成に参考とさせていただいたのが農林水産省「緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド」「家庭用食料品備蓄に関するリーフレット」です。

是非、あわせてチェックしてみることをオススメします↓

>>緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド(農林水産省公式ページ)

>>家庭用食料品備蓄に関するリーフレット(農林水産省公式ページ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました